お知らせ

お知らせ

今どきのキッチン設備

今どきのキッチン設備は、手入れがしやすくてデザイン性も向上しています。
それに加えて、収納力も安全性も、そのほかさまざまな面で進化しています。

具体的には、どのような点が「今どき」なのか
次のようにまとめてみました。

・人工大理石のカウンタートップ
・ポケット付きのステンレスシンク(洗剤やスポンジ置き)
・水はねをおさえた静音シンク
・スライド式キャビネット
・浄水器一体型のシャワー水栓
・整流板つきレンジフード(油煙が付きにくく掃除しやすい)
・食器洗浄乾燥機


いまお使いのキッチンにも、こうした機能がいくつかあることと思います。
このほかにも、キズや汚れが付きにくい「メラミン化粧板」の扉材や
ディスポーザー(生ごみ処理機)など、こまやかな機能はまだまだあります。

キッチンの性能は、日に日に進化しています。
これでも十分に機能は行き届いているとしても
まだまだ新しい機能は考案、リリースされ続けています。
これから人気が上昇するかも?と注目されている機能を
いくつかご紹介しましょう。


①ホーロー製のキッチンパネル
 ホーローのキッチンパネルは、油汚れが落ちやすいのが特徴です。
 マグネットが付くので、収納小物などを自由に取り付けができます。
 キャビネットの引き出し内部もホーロー製が出始め、少しずつ注目され始めています。

②多段型多機能シンク
 多段に調理プレートや水切カゴなどが取付られる進化系シンクです。
 今後普及していきそうな機能のNo.1といえそうです。

③進化型グリル
 現在のグリルは、片面焼きから両面焼きに移行中で、現在のシェアは半々といったところですが
 さらに進化したのが「ココットプレート」のような調理器具を利用できるタイプです。
 魚焼き以外にも幅広く使え、料理の幅が広がります。

④節湯水栓
 通常の水栓は「湯」と「水」の切り替え位置が分かりにくいという点がありましたが
水と湯の切り替え位置で「カチッ」と音がする水栓です。
無駄な給湯を減らして、光熱費と環境のWエコ(ダブルエコ)ができます。


奈良県大和高田市にある「株式会社 今田工務店」では
新築工事をはじめ、各種リフォーム工事も行っております。
ご相談はお気軽にどうぞ!

お問い合わせはこちらからお待ちいたしております!